認知症患者のケアに家族の団欒とは

認知症患者と家族の関係性

認知症患者に必要なのは自分を理解してくれる人です。自分の身近で理解してくれる人といえば最初に出てくるのは家族だと思います。認知症患者も無条件で理解してくれるのは家族なのだと分かっているのだと思います。

団欒が認知症に効果があるとは

家族の団欒が認知症に効果があるのではなくて、家族の団欒で患者の中で安心感が生まれ猜疑心等が無くなる為に認知症の症状が軽くなると言われています。

認知症患者に対応したケア

施設は、認知症患者を専門的にお手伝いしている場所です。そこには、認知症患者のスペシャリストたちがいます。そこでの対応は最高のものだと言えます。スペシャリスト達に介護してもらうのですから悪いわけはありません。ですが、家族との団欒によるケアの方が認知症患者の心情的に負担がありません。様々な症状が認知症にはあります。それぞれにスペシャリストがいても、担当がその度にかわるのであれば患者の心身的に疲労に繋がってしまうかも知れません。ですから、家族のケアの重要性が問われるのです。

施設と自宅のケアの違い

施設では、認知症患者に対して専門的なことを学び体験して経験を積んだスタッフが多くいます。自宅には専門的な知識を有した人はいません。専門的な知識を有していなくてもケアは出来るのです。施設でケアを受けるよりも自宅でケアを受ける方が、認知症患者にとっては心身的な疲労が少ないので、効果があるのです。

カテゴリー: 認知症のケア パーマリンク