認知症改善のための料理[マグロのトマト煮]

マグロのトマト煮に含まれる成分

まず、マグロに含まれているDHAがありますね。次にトマトにはリコピンが多く含まれていると言われています。これらを併せ持つことでDHAの活動が活発化し、脳内のシナプス活動を良くしていくと言われています。

マグロのトマト煮をおいしくいただく調理方法

よくケチャップを使って調理を行おうとする方がいるのですが・・・これではトマトを使ったことにはなりません。トマト煮はトマト使って言えることなので簡単にケチャップですまそうと言うのは辞めましょう。苦労した料理ほど美味しいものです。

認知症改善を意識した調理方法

この料理基本的にはマグロの赤身を利用するのですが今回はマグロのカマと呼ばれる頭の部分を使って行いましょう。マグロの頭の部分にはDHAが多く含まれています。これをより多く摂取することは身体にとっても非常にいいことです。

マグロのトマト煮のレシピ

まず、マグロのカマ肉をこんがり焼くためにわらで炙りましょう。そして、1口程度に切りましょう。この時繊維を壊さないように繊維の方向に沿って切っていくとより美味しくなります。次にトマトをオリーブオイルを垂らしたフライパンで煮込みます。そして20分ぐらい煮込んだ後このマグロを入れてください。その後40分煮込めば完成です。

カテゴリー: 認知症を料理で改善 パーマリンク