認知症改善のための料理[キノコのソテーパスタ]

キノコのソテーパスタに含まれる成分

きのこは財布に優しい食物繊維の宝庫と言われています。野菜の高騰が騒がれている現在も比較的安定した価格で販売されているのはきのこ類です。単品ではなくてMixきのこを買うと便利なのですが、日持ちも悪いですしコストもかかってしまいます。ですが成分は変わりませんので簡単に仕上げようと思う時はMixきのこを使うことをおススメします。きのこには、食物繊維とビタミンが豊富に含まれているので種類が多くても構いません。

キノコのソテーパスタを作る時に必要な材料

準備するものは、ブナシメジ、えのき、しいたけ、舞茸などのきのこ類、オリーブオイル、伯方の岩塩、黒こしょう、鶏の胸肉、くるみ、パスタクリーム etc

キノコのソテーパスタのレシピ

調理には、キノコ類を使います。使う材料ですが、使用するキノコ類は、ブナシメジをはじめ、えのきやしいたけ更に、舞茸などのきのこ類と鶏の胸肉とパスタ2人前を準備します。

認知症改善を意識した調理方法

認知症対策の為に、オリーブオイルで調理します。きのこ類を適当に切ります。きのこ類をさきに軽く炒めます。きのこ類がしなっとなってきた感じが出てきたら別のコンロで寸胴をセットしてパスタを茹でます。茹でている間に蒸しておいた鶏の胸肉をきのこ類に混ぜ合わせます。出来あがったパスタにパスタクリームを混ぜて炒めておいたキノコ類にパスタを絡めて最後にクルミを振りかければ完成です。

カテゴリー: 認知症を料理で改善 パーマリンク