認知症ケアのコツを画讃先生に尋ねてみた

画讃先生に聞く、認知症ケアのコツ

まず、無理に何かをさせないということですね。最近介護福祉施設内で暴行が行われている当事件が頻繁に起きてニュースで取り上げられたりしていますが、これらの根底にあるのは「介護者が思うように動いてくれない」というものなんですよね。そして、介護でとても苦痛になってくるのがこの認知症なのです。ケアをする方法はたくさんありますが共通して癒えるのが「苦痛を伴う」というものなのです。そして、そうした疲れといらだちに耐えかねなくなり一線を超えてしまう人が多くいるようです。ですので、あまり無理に何かをさせないのが一番いい方法なんだと私は思います。

 

画讃先生が答えるコツとは

放置するということですね。認知症のケアでも見捨てるということは必要なのです。それは絶対に孤独にさせてしまうと言うわけではないのです。予めこの人の限界と言うのを決めて上げるということです。そうした事をしていることによって変わってくるものもあるので、行ってみるのもいいですし、ケアプランに入れてみるのもいいのかもしれません。

 

画讃先生に聞く、認知症ケアの注意点

更に注意としては、間違った事をしている時には注意をするということです。なんでもかんでも放置するというのはよくありません。間違っていたら説明する。その繰り返しを行っていくことも必要です。限界を知りながら。

 

カテゴリー: 認知症のケア タグ: , パーマリンク