認知症改善のための料理[ベーコンの春巻き]

ベーコンの春巻きに含まれる成分

ベーコンの油というのは、豚肉よりも質がいいようです。というのも豊富なリン脂が含まれているため、脳にいいようです。そして、この春巻きに使うじゃがいもも根野菜なので、強いタンパク質を摂取できるようになっているようです。

ベーコンの春巻きをおいしくいただく調理方法

ポテトを食べやすくするためにこした後に、マヨネーズであえるのがいいでしょう。この時にマヨネーズを掛けてグチャグチャと混ぜるのではなく、フライパンにマヨネーズを垂らして一度炒めるといった調理法をとると、よりヘルシーに美味しく食べれる様になりますよ。

認知症改善を意識した調理方法

更に、この料理を認知症の人向けにするとするならば、この春巻きの具の中に「さんま」を入れるといいでしょう。さんまはさんまの缶詰を使うようにするとすでに味も染み渡っているので入れるだけでOKと言う状態になります。 若干口の中がパサパサしてしまいますので、水分をしっかり取るようにしたら、問題なくこの料理をたべることができます。

ベーコンの春巻きを作る時に必要な材料

棍棒と、こすためのざるが必要になります。棍棒でじゃがいもを叩く際は、強すぎず弱すぎず叩くようにして、広げていきましょう。

カテゴリー: 認知症を料理で改善 タグ: パーマリンク