認知症ケアのコツを福田千影先生に尋ねてみた

福田千影先生に聞く、認知症ケアのコツ

認知症のケアのコツというものは無いと考えた方がいいと思います。理由は、本当にそうだからです。ケアというのは寄り添うことを前提にして行動することなのです。この行為に簡単なコツなどがあるはずもありません。簡単といえば少し下げた感じに思われる人もいますが一緒に寄り添うことが出来ればケアをしていることになるのです。

 

福田千影先生が答える注意点とは

認知症患者のケアとは、患者に寄り添って患者の手となり足となりすることだけとは言えません。患者さんの行動を正しい方向へ導かなければいけません。認知症患者の要介護レベルによって対応が違うのが注意点です。レベルが高い人の相手はそれなりの資格を所持していなければ出来ません。要介護レベルが高くない人を相手にする時は、絶対にしてはいけない事があります。それは患者さんがしようとしている事を先に気を使ってしてあげることです。患者さんのあくまでも誘導することが仕事なので、レベルが高くない人の自主的な行動を抑制してはいけません。

 

福田千影先生が答える体験談

認知症患者をケアしている時に少し厄介だと思うことがあります。それはケアをしている時に患者の家族と遭遇する時です。多くの人は問題は無いのですが、中には極々少数ではありますが、ケアしている方法が気に入らないのか方法を変えろと言ってくる患者の家族もいます。

カテゴリー: 認知症のケア タグ: , , , , パーマリンク