認知症改善のための料理[シーフードカレー]

シーフードカレーに含まれる成分   

シーフードカレーには認知症予防のための成分が非常に多く含まれています。魚とカレーのコンビネーションがその有効成分の働きを倍増させるらしく、近年非常に注目を浴びています。認知症の老人がいる家族を中心に静かなブームが生まれていて、シーフードカレーを各地のカレー屋が取り揃え始めると言う面白い動きも起きています。カレーは刺激が多い食べ物なのでその面でも効果が大きいのでおすすめできます。辛さとしては辛すぎずちょうどいい中辛くらいがいいでしょう。

 

シーフードカレーをおいしくいただく調理方法

調理方法としては、一つこつがあります。豚肉をほんの少しプラスする事が美味しさを引き立てます。シーフードだけだと味気なくなってしまうんですが、少量の豚肉が非常に美味しさを引き立てるのでぜひこれは入れてください。魚はマグロやハマチといったメジャーな魚だけでなく、アンコウなどを入れるのもいいですよ。

 

認知症改善を意識した調理方法

認知症改善を意識するためには辛さに気を配る必要があります。これは何度も食べて試行錯誤しなくてはいけませんが、ちょうど辛さが辛すぎるかなというラインで味付けをするのがいいです。辛すぎて食べられないレベルだと良くないですが、辛さを抑えつつちょうどピリリと感じる所が一番刺激としていいのでそこを追求していきましょう。

カテゴリー: 認知症のケア タグ: パーマリンク