常識を通用させることが難しい認知症ケア

常識がなくなってしまう

認知症の患者様は、それまでの常識とかすら忘れてしまっているケースもあります。

普通の感覚で言えば「当たり前」の事が解らないのです。

例えば画鋲を踏めば痛い。

これは誰もが言うまでもなく理解している事ですが、認知症の場合、それすら解らないケースもあるのです。

ですから「踏んだら痛いよ」といった事を教えてあげなければならないケースもあります。

他のどの症状よりも認知症ケアが大変とされているのはその点にあるでしょう。

コミュニケーションを取る

他の病気を考えてみると、物忘れを起こしてしまう認知症ケアはいかに大変なものかは想像できるでしょう。

それぞれ大変ではあってもコミュニケーションそのものはしっかりと取る事が出来るでしょう。

ですが認知症の場合、コミュニケーションそのものがとても難しいのです。

相手が忘れてしまっていたり、覚えていない事があったりしますので、そうした点にはしっかりと配慮しておかなければならないでしょう。

「常識」というのは、認知症ケアを行う上では過信してはならないのです。
「普通ならそんな事はしないだろう」といった事までする可能性があるのです。

この点も認知症のケアが難しいとされている理由ではありますが、相手の事を考えるよう、心がけましょう。

カテゴリー: 認知症のケア パーマリンク