認知症ケア、無理は禁物

相手に無理はさせないこと

これは相手に動いてもらうという考え方からすると、
多少矛盾しているのではないかと思う人もいるかもしれません。

ですが、認知症ケアはとても難しいものです。

このバランスをしっかりと見計らう事も求められるのです。

相手にも動いてもらったり、自発的に何かをしてもらうのも大切ではあるのですが、一方では無理はさせないようにすべきです。

常識だと思っている事が、認知症の患者様には解らないのです。
大人であれば「当たり前」で住むような話が解らないのです。

常識で考え過ぎないこと

例えば一般常識で考えてみたら、
尖ったものに刺さったら痛いのは説明するまでもありません。

それこそ「見れば解る」ものではありますが、
認知症ケアの場合、そうした点まで失念している可能性がありますので、
相手の状況をしっかりと確認した上で無理はさせない。これがとても大切なのです。

無理をさせたら、認知症そのものはもちろんですが、例えば転んでしまったりですとか、
どこかに頭をぶつけたりといったように、違う事で大惨事になってしまう可能性すらあるのです。

こうした点をしっかりと見計らう事が求められていますので、
どうしても認知症ケアは難しいとされているのですが、相手のこともしっかりと考えてあげるのは、
すべてのケアであれば当然の話なのではないでしょうか。

カテゴリー: 認知症のケア パーマリンク