認知症の予防になる料理をご紹介しましょう今回は餅です

A:本日も、認知症の予防についての料理を紹介して頂きましょう。紹介して頂けるのは中央市場で料理人をされて20年が経つと言われている伝説の料理人である谷杉 椋太郎さんに中央市場の料理を紹介して頂きましょう。

 

B:はい、今日は認知症の人でも食べられる、つるつる食い餅を作りますのでよろしくお願いします。アナウンサーのあなたは、お餅は食べられますか?

 

A:はい、お餅は食べられます。私は、中央市場の料理にお餅料理があるということを始めて知ったので驚いています。

 

B:ご存知なかったのですか、中央市場は近畿東海大学の学生がマグロの解体ショーを行っていることでも有名な場所ですよ。さて、つるつる食い餅ですが実は高齢者の方でも食べられるお餅で、認知症予防にもなっています。

 

A:そうなのですね。お餅が認知症予防につながっているという事は調理方法に何か秘密があるのでしょうか?

 

B:それは、噛むことが認知症の予防になるのです。調理方法ではなく食べ方によって予防になると言う事が最近の研究で分かりました。噛むことで脳の神経伝達物質を放出させる効果があることがわかったそうです。ですからお年寄りの方が認知症になりやすい一つの原因は歯の衰えで噛む習慣が無くなっていることもありますね。

 

カテゴリー: 認知症を料理で改善 パーマリンク