認知症の進行を抑制する為に料理をする

料理が認知症の抑制になる理由

1人で気楽に作ることでも脳の活性化に繋がるので効果はあります。野菜を切る、焼く、炒めるなどをすることが一つ一つの動作を集中させる為に脳の活性化につながりそれが認知症の予防になっています。これは、一人でしても認知症の予防にもなるのですが、複数人で行うことをオススメします。複数で協力して料理を行う事で認知症患者の脳の活性化に繋がります。

料理をする事で脳が活性化する理由―1人―

1人で料理をする時は、出来あがった完成品を頭の中で想像しながら料理をしていきます。作り始めていく過程でも味などを想像したり確かめたりしながら調理を進めていきます。ただ決められたことだけを単調にしていくわけではないので常に脳を使いながら調理をすることで脳の活性化になります。

料理をする事で脳が活性化する理由―複数人―

1人で料理をしても脳の活性化になるので認知症の予防にはなるのですが、これが複数人で作業を進める事によって、より多く気を使うなど一人の時では考えないような事も考えて行動します。例えば、最初に何人分を作るのかと決めて順序よく作っていても自分の速度で作っていては遅れが生じたりしてもゆっくり作ればいいだけなのですが、複数人で作業をしていると周囲に速度を合せないといけなかったり、共同で作業をしたりする時が必ずあります。人に気を使う事も脳の活性化によいのです。

カテゴリー: 認知症を料理で改善 パーマリンク